不動産の用語集

不動産に関する用語集です。

借地権とは

借地権とは、月々の地代を支払うことにより、その土地に建物を所有することができる権利のことです。借地権には地上権と賃借権」の2種類があります。

地上権は、土地の所有者と地上権の設定契約を締結して、その土地を直接的に支配し利用することができる権利です。賃借権は、土地の賃貸借契約を締結し有償で利用する権利です。

越境とは

越境とは、建物または建物の付属物が敷地境界線を越えてしまっている事を指します。

実害がない場合が多いですが売買対象が越境している場合には、将来是正する書類を取り交わしておくことが望ましいでしょう。

収入合算とは

収入合算とは、住宅ローンを受ける際に、本人の年収だけでは収入基準に足りない場合に、配偶者や父母、子供などの収入と合わせる事です。収入合算できる人の範囲は金融機関によって異なります。

居室とは

居室とは、居住者が日常いる居住するための部屋のことです。

建築基準法による居室の定義は、天井の高さが210cm以上、窓の面積が部屋の面積の七分の一以上あることとされています。

この条件を満たしていないものは「部屋」ではなく、「納戸」と呼ばれます。しかし最近では、この条件を満たしていないスペースも便宜上、居室と呼ばれることがあります。

L-45フロアとは

L-45とは、床に物や人などがぶつかって聞こえる床衝撃音に対する、遮音性能を表す数値です。

Lの数値は少なくなるほど、遮音性能が良くなります。日本建築学会の基準では、通常の使用状態での、使用者からの苦情がほとんど出ない性能は、45(いすや履物を引きずる音が聞こえることがある程度)としています。

独立型キッチンとは

独立型キッチンとは、キッチンをダイニングやリビングとは独立した状態で設けることです。調理作業重視型のキッチンといえます。

内装材やキッチンの扉材などもほかの部屋との調和を考えなくてもいいので、キッチンだけのカラーコーディネートが可能です。

オートバスとは

オートバスとは、お風呂のお湯の温度を設定温度で適量の湯を浴槽にためる自動湯張り機能、常に湯量・温度を最適に保つ自動保温・追い焚き機能、足し湯機能などを持つ浴室のことです。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、住宅メーカーのことで、家を建てる際の依頼先である3つの業者、工務店、ハウスメーカー、建築設計事務所のうちのひとつです。

ハウスメーカーで家を購入するメリットは、

  1. 住宅展示場で事前に仕上がりを確認できる
  2. 品質が安定している
  3. 工期が比較的短い
  4. ノウハウが豊富で安心感がある

などが挙げられます。

 Page 8 of 8  « First  ... « 4  5  6  7  8